トイレの床から水漏れが発生!原因と対策

自分でどう対応すべきか、修理や工事が必要なケースなども掲載しています。

  • トップ
  • トイレのトラブル対処法
  • トイレの水漏れお悩み別マニュアル

ホーム > トイレの水漏れお悩み別マニュアル > トイレの床から水漏れ

トイレの床から水漏れ

トイレの床が濡れる原因

特に思い当たることがないのにトイレの床が濡れる状況が続くときは、素人判断で修理するのは非常に危険です。

トイレの床が濡れる原因としては、「タンクや便器にヒビが入っている」「便器と配管との接続部分の不具合」「給水パイプの破損」などが考えられます。

原因をつきとめるためには、便器をはずすなどの工程があり、最悪の場合は便器自体の取り替えが必要になってくるかもしれません。

いずれにしても、専門的な知識と技術が必須ですし、特殊な部品を入手しなければならない場合も。トイレの床が濡れている時は、止水栓を止めるなどの応急処置を行ったうえで、できるだけ早く専門業者にお任せすることをおすすめします。

トイレ詰まり水道業者ランキングはこちら!

まずはセルフチェックをおこないましょう

トイレの床が濡れているとなった場合、業者に依頼する、自分で対処するといった2つの判断が委ねられます。しかし、どちらを選択したとしても最低限必要なセルフチェックは自分でおこなうようにしましょう。 セルフチェックをせずに専門業者に依頼をしてしまい、結局変えなくてもいいところまで交換させられてしまったという悲しい結果に終わってしまう可能性もあります。

原因を自分なりに突き詰めてみたけれどやはりわからなかった場合は、必ず自分で納得したうえで専門業者に相談を持ちかけた方がスムーズに進むはずです。

始めに漏れている水は透明の水なのか汚水なのかをチェック

では始めに、トイレの床に漏れている水をチェックします。白いタオルで吸引して透明の水なのか汚れている水なのかを判断してください。そのあと、下記表に記載している1~7の症状がないかをチェックします。

透明の水
1.寒い季節で少量の水である 結露の疑い
2.タンクから水が滴っている タンク内の部品が劣化している疑い
3.ウォシュレットを使用すると濡れる ウォシュレットのタンクが劣化の疑い
4.水を流すと濡れる タンクと便器の接続部からの水漏れの疑い
汚水
5.便器と床の間から水が滲み出てくる 便器のひび割れの疑い
6.色が黄色っぽく臭いがする 単に排尿の失敗で床にこぼれた疑い
7.水の色が黒っぽい 便器と排水部のパッキンが劣化の疑い

1. 寒い季節で少量の水である

冬の寒い時期で、トイレの床がごく少量の透明の水で濡れている場合は「結露」によるものなのかもしれません。結露はトイレ内の室温と湿度が変化することによって、便器の温度と内部の水の温度に差が生じる現象です。この場合は、結露防止スプレーを使用するか拭きとってこまめに換気扇をまわすことが解決策となります。

2. タンクから水が滴っている

タンクから水が滴っている場合は、タンク内の部品であるゴムフロートやボールタップと呼ばれる水栓の破損や劣化が疑われます。上記、自分で対処する方法に記載があるとおりパッキンを交換するなどの方法がありますが、難しい場合は無理をせず専門業者に相談をするようにしましょう。

3. ウォシュレットを使用すると濡れる

こちらも上記の自分で対処する方法に記載があるとおり、ウォシュレットの本体のパーツやジョイント部分が劣化している疑いがあります。細かい水漏れなので、自分で修理を施せるような気になるのですが、失敗してしまうと余計に悪化してしまいます。わからない場合は無理をしないようにしましょう。

4. 水を流すと濡れる

レバーを引いて水を流すと水漏れが発生する場合は、タンクと便器を接続している配管からの水漏れが疑われます。配管のどこから水が漏れているのかを確認してから、一度ナットを締めてみるといいでしょう。それでも改善しない場合は、パッキンが劣化しているおそれがあります。専門業者に相談してみましょう。

5. 便器と床の間から水が滲み出てくる

便器と床の間からじわじわと汚水が滲み出てくる場合は、便器にひび割れがある可能性が高いです。便器そのものを取り替える必要がありますので、すぐに専門業者に依頼して交換してもらうようにしましょう。

6. 色が黄色っぽく臭いがする

はっきりと色が黄色っぽい、尿臭がするといった場合はどこから漏れているのではなく、単純に子供や高齢者といった家族の誰かがが床にこぼしてしまったケースが考えられます。普段あまり遭遇しないような現象に出会うと勘違いをしてしまい早まって専門業者に相談してしまうこともありえます。しっかり確認するようにしましょう。

7. 水の色が黒っぽい

黒っぽい水がどこからか漏れているような場合は、便器と床の排水部の接続部にあるパッキンが劣化しているおそれがあります。こちらも一度便器を取り外す作業が必要となるため、速やかに専門業者に依頼するようにしましょう。

設置してからそんなに経過してない場合に注意すること

設置してからそんなに年数が経過してない新しいトイレのはずなのに、床がなぜか濡れているといった場合は、次の2つの症状に注意をしてください。

  • 汚水が水漏れしている
  • 冬でもないのに結露が発生したような水漏れがある

これらの症状で疑われるのは「施工不良」です。新しいトイレのはずなのに汚水が漏れてくるのは明らかに異常ですので、最初に施工を施した業者に連絡をして無償で修理をおこなってくれるよう交渉してみましょう。

また、結露が発生するような冬でもない季節で床が濡れている場合は、便器本体と床を接続する際の施工に問題があった可能性があります。例えば、小さな異物を噛んだままボルトを締めて接続してしまった、またはボルト自体の締めがあまかったなどのケースが考えられます。速やかに連絡をするようにしましょう。

トイレの水漏れは緊急性が高い

トイレの水漏れといったトラブルは非常に緊急性の高いものとなりますので、業者に連絡してから修理に至るまでの時間はなるべく速やかに済ませたいものです。

最短最速で解決へと向かうには、ある程度の知識は蓄え自分でできる範囲のことは準備しておくことが大切です。

修理費用の目安

トイレの床が濡れている原因によって、修理方法も当然違ってきます。

トイレタンクとパイプとの連結部分から漏れて床を濡らしているなら、連結部分のパッキンなどの交換が必要。ホームセンターなどにある汎用パッキンで改善することもあります。この場合は、100円前後から入手できます。

その他、ボルトやナットなども汎用のものであれば、それほど高価ではありません。しかし中にはメーカー推奨の部品や特殊な部品が必要なこともあり、その場合はメーカーから取り寄せなくてはならず、価格もピンキリです。

床が水浸しで床材が痛んでしまったような場合は、床材の張り替えが必要になることもあります。そうなると、トイレリフォームしてしまったほうが安くつく…なんてことも。

いずれにしてもトイレの床の水漏れ修理は、素人が行うには難易度が高い工事が多いので、安易に手を出さず専門業者へお任せすることをおすすめします。

おすすめ業者3選

クラシアン 水道救急センター 水道救急車
TVCMでおなじみのクラシアン。その知名度からも実績は多く、トイレトラブルのノウハウも豊富。たとえ床からの面倒な水漏れトラブルでも解決します あらゆる原因から起こり、解決にはさまざまな知識が要される、厄介な床からの水漏れ。地域巡回システムと10年を越える経験豊富なスタッフにより、これらのトラブルにも素早い対応が可能です。 修理のみならず、保険会社との交渉まで専門アドバイザーが24時間対応。床からの水漏れはもちろん、天井からの水漏れにも対応しています。アフターサービスもばっちりです。
水漏れ修理費用:8,000円~ 水漏れ修理費用:2,000円~ 水漏れ修理費用:3,000円~
修理費用をもっと詳しく見る 修理費用をもっと詳しく見る 修理費用をもっと詳しく見る

自分で対処する方法

専門業者に依頼する前に、まずは自分で修理したいというに方に向けて、トイレの床の水漏れを自分で修理する手順をご説明します。

1.床が濡れている原因を調べる

タオルを床に敷いて一晩置いておくと、翌朝タオルの濡れ具合によって水が漏れている箇所がわかります。

2.原因がわかったら各所を修理

トイレタンクや給水・排水パイプのジョイント部分からの水漏れ

タンク内やジョイント部分で水漏れが起きて、その水滴が便器などをつたって床に落ちるケースです。この場合はトラブル箇所のパッキンを交換したり、給水・排水をスムーズにすることで解決できることがあります。タンクの水漏れについては「タンクが水漏れ」ページをご覧ください。

ウォシュレットからの水漏れ

ウォシュレットを設置している場合は、ウォシュレット本体のパーツやジョイント部分から水漏れを起こして床に落ちているケースです。詳しくは「ウォシュレットが水漏れ」ページをご覧ください。

便器やトイレタンクの結露

便器やトイレタンクが結露を起こして、水滴が床に落ちて濡れるケースです。便器やタンクの陶器を注意深くチェックして、結露が起きていないか確認しましょう。結露は湿気や気温の変化で起こります。この場合、トイレのドアをしっかり締めて温度変化を起こさないようにしたり、換気扇を回し続けるなどの対策で改善することが多いです。

上記以外の箇所、床と便器の間、タンクや便器、給水パイプそのものから水が漏れる場合は、専門知識が必要になりますので、止水栓を止めるなどの応急処置を行ったうえで、できるだけ早く専門業者にお任せすることをおすすめします。

トイレ詰まり水道業者ランキング

第1位水道救急センター

水道救急センター

他社が1円でも安ければ応相談!早い対応、修理回数15万件の確かな実績。

詳しく見る

第2位トイレ110番

トイレ110番

トイレ専門業者ならではの技術力と、30分以内で駆けつけてくれるフットワーク。

詳しく見る

第3位クラシアン

クラシアン

「くらーし安心、クラーシアン♪」のメロディーで、すっかりおなじみの水道業者。

詳しく見る

第4位昭和水道設備

昭和水道設備

徹底した社員教育が行き届いた丁寧な応対と清潔さへのこだわりに定評あり。

詳しく見る

第5位水道救急車

水道救急車

水道にまつわる、ありとあらゆる相談にのってもらえる安心感が特徴です。

詳しく見る

第6位スリーテック総合サービス

スリーテック総合サービス

安くて早くて安心!と、これまで5万件の実績を重ねています。頼もしい水道屋さん。

詳しく見る

第7位住まいる水道

住まいる水道

修理に応じて1~3年の保証と無料点検がついているので、アフターケアも万全。

詳しく見る

第8位イースマイル

イースマイル

スタッフの徹底した「お客様本位」で貫かれたきめ細かなサービスに定評あり。

詳しく見る

トイレの水漏れお悩み別マニュアル
トイレのトラブル対処法
自分で直す!トイレつまり修理方法

サイトマップ

ページトップ