トイレのメリットとデメリット 種類ごとに徹底調査

ザットマン 水道救急センター トイレ110番

【見積・出張費無料】

基本料金 ¥5,500~
時間3pt スピード3pt
料金3pt エリア1.3pt
深夜休日料金3pt

公式
サイト

電話
問合せ

【最短30分で】

基本料金 ¥5,500~
時間3pt スピード3pt
料金3pt エリア1.3pt
深夜休日料金3pt

公式
サイト

電話
問合せ

【年中受付】

基本料金 ¥5,500~
時間3pt スピード3pt
料金3pt エリア1pt
深夜休日料金3pt

公式
サイト

電話
問合せ

給水装置工事主任技術者の有資格店を5つの軸の総合ptでランキング上位3社(2021年10月調査)【pt数基準】①対応時間:【記載無】1pt、【365日】2pt、【24時間365日】3pt②駆け付けスピード:【記載無】-、【60分以上】1pt、【60分以内】2pt、【30分以内】3pt③料金:【8,800円以上】1pt、【8,800円未満】2pt、【5,500円未満】3pt④エリア:対応可能な都道府県の数が47を3ptとして割合で算出※10エリア以上で1点⑤追加費用:深夜、祝日に料金【記載無】-、【費用有】1pt、【追加費用が明記】2pt、【無料】3pt

トイレ詰まり水道業者徹底比較 > トイレの種類 メリットとデメリット

トイレの種類 メリットとデメリット

1914年に国内で初めて水洗式トイレの出荷がスタート。1960年頃から洋式トイレが徐々に普及し始め、今ではウォシュレットやタンク一体型トイレ、水をタンクに貯めなくても流すことができるタンクレストイレ、トイレに収納スペースがついたシステムトイレなども登場しています。たくさん種類が増えすぎて、どれが良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そんなあなたのために、ここではトイレの種類ごとにメリットやデメリットを紹介しています。新築の住宅を建てる人や、トイレのリフォームを計画している人は参考にしてみてください。

[PR]水もれ、つまり、はじめての方限定!!キャンペーン基本料金0円 電話もインターネットも24時間365日年中無休!0120-245-990

洋式トイレ

今では、どこの家庭にもある最も一般的なスタイルとなった洋式トイレ。和式トイレのように足に力を入れずに楽な姿勢で用を足すことができるので、高齢者なども安心して利用することが出来ます。良いことばかりのようですが、何事にも短所はあります。では、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

洋式トイレ

一体型トイレ

便器、便座、タンク、ウォシュレットとそれぞれ別々だったバーツが1つにまとまってコンパクトになった一体型トイレは、シンプルなデザインのものが多く、掃除がしやすくなっています。しかし、1つにまとまってしまったからこその欠点があるのも事実。それを含め、一体型トイレがどのようなものなのか見ていきましょう。

一体型トイレ

タンクレストイレ

今では多くの人が設置を希望している人気のタンクレストイレ。タンクに水を貯める必要がないため、連続して使用することができるなど、とても便利なトイレの1つです。ただし、電気を使って便器の洗浄を行うため、停電になると使えなくなってしまうことも。この他に、どのような特徴があるのか紹介していきます。

タンクレストイレ

システムトイレ

便器だけでなく、トイレの室内全体をプロデュースするシステムトイレは、収納スペースがあるため、あまり人に見られたくない掃除用具などをしまっておくのに便利。またタンクの上ではなく、別に手洗い器を設置することができるので、まるで高級ホテルのトイレのような空間を作り出すことが出来ます。この他にどのような特徴があるのか見ていきましょう。

システムトイレ

ウォシュレット

日本のトイレ文化には、なくてはならない存在になったウォシュレット。以前のように何度もトイレットペーパーで拭く必要がないので、とても楽になりました。一言でウォシュレットと言っても、種類によって特徴は様々。どのようなメリットがあり、どんな短所があるのかを紹介していきます。

ウォシュレット

和式トイレ

昔は、どこの家庭にもあった和式トイレも今では、洋式トイレが主流となり、あまり見かけなくなりました。しかし、ショッピングセンターや会社など、不特定多数の人が利用する場所では、まだ1つだけ残っているところも多く見受けられます。なぜまだ残っているのか、メリットやデメリットとともに紹介していきます。

和式トイレ

ユニットバス

一人暮らし用のアパートやマンションなどに多く見られるユニットバス。一般的には、浴槽とトイレが一緒になっている部屋だと思われていますが、実はそうではありません。では、どのようなものをユニットバスと呼ぶのでしょうか。メリットやデメリットと一緒に詳しく説明しているので参考にしてみてください。

ユニットバス

トイレ詰まり水道業者ランキングはこちら!

トイレ詰まり
水道業者ランキング

水道救急センター

水道救急センター

他社が1円でも安ければ応相談!
月間修理件数約3000件と確かな実績。(2021年11月時点)

総合pt:13.3pt

詳しく見る

ザットマン

ザットマン

水回りのさまざまなトラブルに対応可能。相談&訪問費用が無料なので頼みやすい!

総合pt:13.3pt

詳しく見る

トイレ110番

トイレ110番

トイレ専門業者ならではの技術力と、最短30分以内で駆けつけてくれるフットワーク。

総合pt:13.0pt

詳しく見る

イースマイル

イースマイル

電話でトラブル内容を確認した上でスピード見積もりを行う「デンみつ」を実施。

総合pt:12.4pt

詳しく見る

水のトラブルサポートセンター

水のトラブルサポートセンター

水回りの故障やトラブルは、スピードが命。24時間対応で、駆けつけてくれる。

総合pt:12.3pt

詳しく見る

スイドウサービス

スイドウサービス

水まわりのトラブル全般に対応することができる水道業者。

総合pt:12.2pt

詳しく見る

昭和水道設備

昭和水道設備

徹底した社員教育が行き届いた丁寧な応対と清潔さへのこだわりに定評あり。

総合pt:11pt

詳しく見る

水の生活救急車

水の生活救急車

水回りのトラブル対応全般からリフォームまで受け持つ水道業者。

総合pt:11pt

詳しく見る

クラシアン

クラシアン

「くらーし安心、クラーシアン♪」のメロディーで、すっかりおなじみの水道業者。

総合pt:11pt

詳しく見る

住まいる水道

住まいる水道

修理に応じて1~3年の保証と無料点検がついており、アフターケアを徹底。

総合pt:10pt

詳しく見る

給水装置工事主任技術者の有資格店を5つの軸の総合ptでランキング上位3社(2021年10月調査)【pt数基準】①対応時間:【記載無】1pt、【365日】2pt、【24時間365日】3pt②駆け付けスピード:【記載無】-、【60分以上】1pt、【60分以内】2pt、【30分以内】3pt③料金:【8,800円以上】1pt、【8,800円未満】2pt、【5,500円未満】3pt④エリア:対応可能な都道府県の数が47を3ptとして割合で算出※10エリア以上で1点⑤追加費用:深夜、祝日に料金【記載無】-、【費用有】1pt、【追加費用が明記】2pt、【無料】3pt

【エリア別】
トイレ詰まりに対応している
水道業者一覧

サイトマップ

ページトップ