真空パイプクリーナ―(ローポンプ)を使ったつまり解決法

トイレのつまりは予期できないもの…。緊急事態でも自分で対処できる方法をご紹介します。

               
クラシアン 水道救急センター トイレ110番
【知名度なら】
基本料金
¥8,400~

公式
サイト

電話
問合せ

【最短30分で】
基本料金
¥2,000~

公式
サイト

電話
問合せ

【年中受付】
基本料金
¥5,000~

公式
サイト

電話
問合せ

トイレ詰まり水道業者徹底比較 > 自分で直す!トイレがつまったときの修理法 > 真空パイプクリーナーを使ったつまり解決法

真空パイプクリーナーを使ったつまり解決法

緊急事態に自分でできる対処法をご紹介。業者に依頼しなければいけないケースも。

自分で直す 真空パイプクリーナー活用法

画像01 トイレつまりを解消してくれるラバーカップには、さらに性能を強化した「真空パイプクリーナー」と呼ばれる製品もあります。

真空パイプクリーナーは、ラバーカップで取れない頑固なつまりに対して使う道具。奥の方まで入ってしまったつまりや便器内の落し物なども、この真空パイプクリーナーで取り除ける可能性があります。

ラバーカップよりも真空圧が高いので、奥の方に入ってしまったトイレつまりにはたいへん便利。万が一の事態に備えて、ぜひ家庭に常備しておきたいアイテムです。

画像01

[PR]水もれ、つまり、はじめての方限定!!キャンペーン基本料金0円 電話もインターネットも24時間365日年中無休!0120-245-990

真空パイプクリーナー(ローポンプ)とは?

真空パイプクリーナー(ローポンプ)ってどんなもの?

真空パイプクリーナー(ローポンプ)とは、トイレ、台所、浴室などの配水管のつまりの原因を取り除くための道具です。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)は、ラバーカップの何倍もの威力があるのでトイレつまりがひどいときや、便器の奥に物を落としてしまったときに大変役立つ優れものとなります。

トイレは一日中頻繁に使用するところなので、トイレつまりへの対応は、非常に緊急性の高いものとなります。真空パイプクリーナー(ローポンプ)は、ホームセンターやネット通販などで簡単に手に入るので、万が一のときのために常備しておいてもいいでしょう。

真空パイプクリーナーはトイレのつまりだけではなく、お風呂や台所、洗面台などの排水口全般に対応できるアイテムです。

基本的な仕組みはラバーカップ(すっぽん)と同じですが、異なるのはポンプが付いている点でしょう。ポンプの力によって、すっぽんより吸引力や押し上げるパワーが強いのです。そのため、すっぽんでは通用しない手強いつまりを解消できる可能性が高くなります。

ローポンプも真空パイプクリーナーと同じくトイレつまりを解消できるアイテムです。真空パイプクリーナーと同じように、トイレも含めた排水口全般のつまりに対応できます。

一般的にすっぽんよりも強力な圧力をかけられるのが、真空パイプクリーナーとの違いでしょう。その圧力は5倍程度ともいわれているため、かなり手強いつまりにも対応できます。

真空パイプクリーナーとローポンプのどちらを選ぶのが良いのかという点では、さまざまなつまりに対し確実に対応できることを考えるなら、プロ仕様のローポンプがおすすめでしょう。

値段に関しては、真空パイプクリーナーだと1,300円程度~1万円代のものまであります。ちょっとしたつまり程度なら、1,300円程度のものでも対応できる可能性が高いのです。しかし、やはり値段が高くなるにしたがって、性能は高くなります。

一方、ローポンプは15,000~20,000円程度しますが、確実に解消するための方法として、一家にひとつ持っていても損はないでしょう。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)は幾らくらいで購入できる?

真空パイプクリーナー(ローポンプ)は、プロ仕様の本格的なものであれば15,000円~20,000円程度が相場となります。それ以下となると、およそ1,000円~3,000円前後が一般的な価格帯です。

トイレつまりが頻繁におこり、その都度業者にお願いしているような状態であれば、プロ仕様のものを常備しておいた方がいいのかもしれません。パワーも一般的なものとは全く違いますので、作業時間も短縮されます。トイレつまりがいつおこるかわからないような頻度であれば、一般的なものを備えておくだけで充分です。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)が優れているポイント

真空パイプクリーナー(ローポンプ)は、中央のシリンダーと呼ばれる部分と上部にあるハンドル、そして先端部に分かれた筒状の形態をしています。先端部をトイレの便器の中の排水口に強く押し込み、ハンドルを引いてシリンダーに水を溜め込みます。そしてハンドルを押して中の水を出しながら加圧する仕組みになっています。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)が優れているのは、この吸引力と加圧力です。ラバーカップとは違いポンプを使うので、つまりが一発で解消されることが多いです。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使用するメリット

真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使用するメリットは次の4つになります。

1. 業者を呼ぶ必要性がなく、自ら早急に対処できる

トラブルが発生したのがたとえ夜中であったとしても、速やかに自分で対処することができます。

2. 出張費や工事費の削減

業者を呼んだときの高い出張費や工事費をカットすることができ、節約につながります。

3. 電力を使わない手動での作業だから誰でもできる

電力を使うような大がかりな作業ではなく、力も要らないので女性や高齢者の人でも充分扱えるアイテムです。

4. 携帯電話や子供のおもちゃを落としてしまった場合も拾える

強力な吸引力も持ち合わせているので、携帯電話やおもちゃといったものをトイレの奥に落としてしまった場合、真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使えば簡単に拾えます。

真空パイプクリーナーの主な商品を紹介

三栄水栓:真空式パイプクリーナー

三栄水栓は、水道修理業者でも重宝されているメーカーの1つです。

水回りに関する多種多様な商品を扱っていることから、ほとんどの水道業者が一度は何かしらのアイテムを使ったことがある程とのこと。

三栄水栓が販売している真空式パイプクリーナーのトイレでの使用は洋式のみ。使い方は吸引キャップの内側にあるスリープを引き出して、カップを便器の穴に当てながらハンドルの押し引きを繰り返すだけです。Amazonや楽天といった通販や、ホームセンターにて購入できます。

利用者の口コミ

前回トイレが詰まった際に業者にお願いしたところ、予想していたより金額よりも多く取られてしまったため、今回は自分で解決するため購入しました。トイレットペーパーがつまってしまったのですが、2分ほど押し引きをしただけで解決。自分でつまりが解消できてほっとしました。

こちらの商品が欲しかったのですが自宅からホームセンターが遠かったので、通販を利用したんです。次の日には到着し、複数回使用したところすぐに解消しました。リーズナブルな商品にも関わらず満足できる効果が得られたのでよかったです。

水のつまりはこれですべて解消できるのでは?と思いました。我が家ではトイレ・風呂・洗面所などで利用しています。簡単に使用できますし、業者を呼ぶ前にはこれで試しているほどです。

カクダイ:つまり取り真空ポンプ

カクダイのつまり取り真空ポンプは和式・洋式兼用、浴室の排水口にも使用できるタイプです。また、洗面台・流し台のつまりにも使用できる、吸引キャップのサイズが異なるタイプもあります。

トイレのつまり解消に使用する場合はスリーブを引き出し、便器の穴の上にしっかり固定をしてハンドルの押し引きをするだけです。こちらも通販やホームセンターなどで購入できます。

利用者の口コミ

液体パイプクリーナーやワイヤーも使ってみましたが、トイレの詰まりが解消しなかったため試してみたのがこの真空ポンプです。3・4回ポンプの押し引きをしただけですぐに流れました。 簡単で効き目が早く、よほどのつまりでなければこれで解消できると思います。

根気よくハンドルの上下を繰り返していくうちに、詰まりがどんどん剥がれ落ちていくのが実感できました。今までは排水管を外して掃除をしており大変でしたが、こちらの商品を使うようになってからは掃除も手軽になったと思います。このポンプを使ってから勢いよく水が排水溝に流れていくのを数年ぶりに見ました。

ウィキャン:真空パイプクリーナー(M・L)

ウィキャンの真空パイプクリーナーは、洋式・和式兼用で利用できます。他にも、洗面台やシンクの詰まりにも利用可能。トイレの詰まり解消で使用する際はサイズが2種類あるため、 管口の大きさに合った商品を購入すると良いでしょう。

Mサイズはアタッチメントの使い分けにより、8cmまでの管口に使用可能。Lサイズは14cmまでの管口に対応しています。

使い方は他のものと同様に穴の上にしっかり固定してハンドルの押し引きをするだけです。楽天やアマゾンといった通販を始め、卸サイトやホームセンターでも購入できます。

利用者の口コミ

節水型のトイレを使っているからかつまりやすく、トイレつまりの回数は今までで6回くらいありました。いくつか詰まり対策の製品を購入しましたが上手くいかず、なんとか自分で対処したいと考えて探していたのがこちらを見つけたきっかけです。使ってみるとすぐに詰まりが解消できたので、最初にこれを買っていれば…と後悔したのを覚えています。

洗面台のつまりでパイプ洗浄剤が効かず困り果てていました。そんな時にこのポンプを購入して試してみたところ、つまりが数分で解決。頑固な汚れも取れたようで、つまりが嘘のように解消しました。ここまで早く解決するとは思っておらず、買って良かったと思っています。

ガオナ:真空式パイプクリーナー

ガオナの真空式パイプクリーナーも、洋式・和式兼用で利用できます。また、浴室排水口にも使用可能です。使用時は、他の商品と同様に排水口にしっかりと押付けハンドルを上下するだけです。先端を別売り品に変えるとエアコンのドレンホースや洗面台・流し台にも利用できるので、汎用性が高い点も特徴。

購入は通販もしくは、一部のホームセンターにて購入可能です。

利用者の口コミ

今までにない重症なトイレの詰まりに困っていましたが、無事解決しました。説明書通りにやれば難しいこともなく使うことができています。個人的には日本製なのも良い点だと思いました。

多くのつまり解消用の薬剤では待ち時間がありますが、この製品にはありません。この製品は即効果が出ますし、操作も簡単。今ではこの製品で詰まりが解決しなければ業者に依頼しようと割り切れるほどになりました。

この製品は水道工事業者さんでも使うことがあるのとか。確かに、それほどの効果があるなと思えます。何度かハンドルを上下すると突然、水が流れるようになりました。ここまで効果的であれば知人にもオススメできるかもしれないと思っています。

アサダ:ローポンプスーパープラス

アサダのローポンプスーパープラスについても、洋式・和式兼用で利用できます。ただし、和式の場合、ローポンプスーパープラスの内径よりも小さい場合に限られます。

トイレのつまり解消は長いアダプターを装着し、ハンドルの押し引きのみです。こちらもその他販売されている真空式パイプクリーナーと同じく、購入は通販もしくは一部のホームセンターにて可能です。

利用者の口コミ

子どもがトイレットペーパーを大量に流してしまい、トイレが詰まってしまいました。節水トイレのため、こちらの製品以外ではつまりの解消にはなりませんでした。藁にもすがる思いでこちらを試してみたところ、数回の圧力だけで解決できたのです。ほとんどの詰まりは、これがあれば業者のお世話になることもないかもしれないと思うほどでした。仮にこの製品を使っても駄目であれば、業者を呼ぶという判断を迷うことなくできます。

前回のつまりで業者を呼んだ時に、トイレ自体が古く詰まりやすくなっているとのことで購入しました。購入後一度試したのですが簡単に詰まりが解消され驚いています。トイレは近いうちにリフォームする予定ですが、 この製品があれば万が一の詰まりの場合でも安心して対処できます。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使ったつまり解決法

自分で直す 真空パイプクリーナー(ローポンプ)活用法

真空パイプクリーナー(ローポンプ)は、トイレつまりのための工具としてプロの水道業者も頻繁に活用しているアイテムです。しかし使い方がとてもシンプルで簡単なので、プロでなくても誰でも活用することができます。

多くの人は、トイレつまりがおこった場合ラバーカップを用いてつまりを解消しようとします。しかしその方法で解決できなかった場合の次の手段として、この真空パイプクリーナー(ローポンプ)があることを知っていますか?業者に依頼する前に、真空パイプクリーナー(ローポンプ)を自分で活用してトイレつまりを直すことができれば時間も経費も削減できます。ここで、自分で直す真空パイプクリーナー(ローポンプ)の活用法を知り、緊急時に備えましょう。

つまりを真空パイプクリーナー(ローポンプ)で取る・実践編

【ステップ1】周辺の養生をする

真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使用するときは、床や壁を汚さないように新聞紙やビニールなどで養生してからおこないます。 壁は床下からおよそ1.5mくらいの高さまで新聞紙やビニールをテープで貼り付け、床は一面に敷き詰めるようにします。服装も汚れてもいいようなものを着用します。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)は、簡単に飛び散らないような構造になってはいますが、強力な水鉄砲のようなものなので充分注意して扱うようにしましょう。

【ステップ2】真空パイプクリーナー(ローポンプ)を便器の排水口に当てる

真空パイプクリーナー(ローポンプ)は基本的にラバーカップと同じように扱います。

まず、クリーナーの先端部分であるカップ部分を便器の排水口(穴)に当てます。穴のサイズとカップのサイズが合えば問題ありませんが、合わない場合は便器の中に水を入れて使うとよいでしょう。

すでに便器内の水が引いてしまっている場合は、バケツなどに水を汲んで便器内に流し入れてからカップを当てましょう。

【ステップ3】ハンドルを引き上げてつまりを取り除く

排水口にセットしたまま、真空パイプクリーナー(ローポンプ)のハンドルを勢いをつけて引き上げます。この時、一回でトイレつまりが解消されるとは限らないため、何度も繰り返し引き上げては戻す作業を行いましょう。

この作業を何度か繰り返していると、中につまっていた物が出てくる場合があります。うっかり便器の中に落としてしまった固形物などが引き抜かれて浮き上がるため、必ず取り出すようにしましょう。

トイレットペーパーや便などはそのままにして、つまりが取れた時点で流してしまって問題ありません。

【ステップ4】排水をしてつまりの解消を確認する

トイレつまりが解消し、必要に応じて便器内の物を取り出した後は、再度何かがつまっていないか確認をしましょう。

目視でつまりが解消されたと分かれば問題ありません。よく分からない場合はバケツに水を汲んで流し、問題なく水が流れるかチェックしてみてください。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使うコツ

真空パイプクリーナー(ローポンプ)は、ラバーカップやお湯などが使えない場合に活用できるアイテムです。ラバーカップでは取れない奥のつまり、もしくは陶器でできているためお湯が流せないような環境でも問題なく使用することができます。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)は手に負担がかかりにくく簡単に扱えるアイテムですが、押す時はしっかりと押す、引く時は便器の穴にカップをしっかりと当てて引くようにします。こうすることで圧力がつき、便器の中に入ってしまった物が戻りやすくなります。

ただし何度試してもつまりが元に戻らない場合は、プロに依頼をして原因を調査してもらう必要があります。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使う際の注意点

排水溝の形状に合わせてラバーを確認する

真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使用する際には注意点があります。排水口全般に使用できますが、先端のラバー部分は排水口の形状に合せたものを用意しなければなりません。つまりトイレで使うならラバー部分の形はトイレ用のラバーを選ぶ必要があります。

また、ラバーカップを取り外しできるタイプとできないタイプがある点も注意しておきましょう。取り外せなければ、トイレとキッチンの排水口両方、同じラバーカップを使うことになります。やはり衛生面で問題があるため、取り外しができるタイプがベターです。

真空パイプクリーナー(ローポンプ)で解消できる原因か確認する

つまりの原因も考えて使うかどうか判断しなければなりません。真空パイプクリーナー(ローポンプ)はすっぽんの強化版ではあります。しかし、すっぽんで解消できないつまりは、真空パイプクリーナー(ローポンプ)でも困難と考える必要があるでしょう。

たとえばおもちゃや携帯電話などの固形物がつまりの原因だと、余計に奥へ入り込んでしまう可能性があります。通常のすっぽんでも起こるトラブルですが、真空パイプクリーナー(ローポンプ)は強力なため、状況を悪化させる可能性は十分にあるのです。

そのため、真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使うときは、原因も含めて考えなければなりません。

手におえないつまりは水道救急センターへ

ラバーカップよりもさらに強力につまりを取り除ける真空パイプクリーナー(ローポンプ)。手軽に扱えて、強力な圧力で中身を吸引するため、頑固なつまりにも適用できます。

ただし、真空パイプクリーナー(ローポンプ)でも取れないつまりもあります。便器のどの部分につまりが発生しているかによって、真空パイプクリーナー(ローポンプ)の適用範囲が変わってくるためです。

排水口の手前に近い場所なら問題はありませんが、深部にまで入っていると、自力で取り出すのは困難です。

万が一、真空パイプクリーナー(ローポンプ)を使ってもつまりが解消しない時には、「水道救急センター」など信頼のできる水道業者に依頼するのが最も確実な方法です。

自分であれこれと方法を試してみて、その結果さらにつまりが酷くなるケースも十分に考えられます。無理だと判断した時点で、すぐに業者に依頼されることをおすすめします。

トイレ詰まり水道業者ランキングはこちら!

トイレ詰まり
水道業者ランキング

水道救急センター

水道救急センター

他社が1円でも安ければ応相談!早い対応、修理回数15万件の確かな実績。

詳しく見る

ザットマン

ザットマン

水回りのあらゆるトラブルに対応可能。相談&訪問費用が無料なので頼みやすい!

詳しく見る

トイレ110番

トイレ110番

トイレ専門業者ならではの技術力と、30分以内で駆けつけてくれるフットワーク。

詳しく見る

クラシアン

クラシアン

「くらーし安心、クラーシアン♪」のメロディーで、すっかりおなじみの水道業者。

詳しく見る

昭和水道設備

昭和水道設備

徹底した社員教育が行き届いた丁寧な応対と清潔さへのこだわりに定評あり。

詳しく見る

水道救急車

水道救急車

水道にまつわる、ありとあらゆる相談にのってもらえる安心感が特徴です。

詳しく見る

スリーテック総合サービス

スリーテック総合サービス

安くて早くて安心!と、これまで5万件の実績を重ねています。頼もしい水道屋さん。

詳しく見る

住まいる水道

住まいる水道

修理に応じて1~3年の保証と無料点検がついているので、アフターケアも万全。

詳しく見る

【エリア別】
トイレ詰まりに強い
水道業者一覧

サイトマップ

ページトップ