自分でできるトイレの手洗い管の水漏れ修理

ここでは、トイレの手洗い管からの水漏れ修理法を紹介しています。

  • トップ
  • トイレのトラブル対処法
  • トイレの水漏れお悩み別マニュアル

ホーム > トイレの水漏れお悩み別マニュアル > 自分でできるトイレの手洗い管の水漏れ修理

自分でできるトイレの手洗い管の水漏れ修理

トイレの手洗い管から水漏れ

トイレの水を流し終わったのに、トイレタンクの上にある手洗い管からポタポタと水漏れしているという経験をしたことがありませんか。今回は、手洗い管が水漏れした際の修理方法を原因別にご紹介。万が一の時の参考にしてみて下さい。

画像6

手洗い管とは

トイレのレバーを押して水が流れる時、手を洗うための蛇口がタンクの上についていますが、この蛇口が「手洗い管」です。手洗い管は、手を洗うだけでなく便器で排水したタンク内の水を補充する役割もしています。また、手洗い管の下に洗浄効果のある芳香剤を置くことで、トイレ内の臭い対策ができるため、トイレを清潔に保つために手洗い管は大きな働きをしているのです。

原因別の修理方法

それでは、手洗い管の水漏れを直す方法を原因ごとに説明していきますが、その前に修理を始める前の準備について紹介します。

便器やトイレタンクの修理を行う時に、一番最初にしなければならないのは、止水栓を止める作業です。作業を行うには、タンクの中を空にしなければなりませんが、この止水栓を閉め忘れてしまうと、レバーでタンクの中の水を流しても、またタンク内に水が給水されてしまいます。ですので、マイナスドライバーで止水栓を時計回りに回し、給水されないようにしておきましょう。

止水栓のレバーを回し、トイレの水をすべて流し終わったら、トイレタンクのフタを外してみましょう。フタを外す時の注意点は、フタと給水管がつながっているかどうかの確認です。手洗い管の付いているタンクのフタは、蛇腹のかたちをした給水管で繋がっている場合があります。確認をし忘れて、そのままフタを上へ引っ張りすぎてしまうと給水管が損傷してしまうかも知れません。フタを外す時には、ゆっくりと持ち上げて給水管と手洗い管がつながっていないかどうかをきちんと確認するようにしましょう。

シートパッキンの劣化・損傷

タンク内のボールタップと給水口の間にはピストンバルブという部品があり、ピストンバルブの中には、シートパッキンというパーツがあります。トイレタンクの水量は、浮き球が管理。浮き球は、その名の通り水に浮かんでいて、水を流すと下がり、タンク内に給水が始まると徐々に浮かび上がり、ある高さまで上昇すると栓をする仕組みになっています。この栓の部分にあるのがシートパッキンです。このシートパッキンが劣化したり、損傷したりすると、栓が閉まらないため、タンク内に水がたまっていても水が漏れ続けてしまいます。水に浮いている浮き球を、更に手で持ち上げても水漏れが止まらないようだったら、シートパッキンの交換が必要です。

シートパッキンの交換方法ですが、まず初めにモンキーレンチを使用してボールタップを外します。空回りする可能性があるので、タンクと給水管のナットの両方を抑えましょう。タンクに繋がっている給水管が外れたら、ボールタップを取り外すことが可能です。ボールタップからピストンバルブを取り外し、新しいものと交換します。シートパッキンは、決められた向きで正しく入れてください。径の大きいほうがピストンバルブ側です。交換が終わったら元に戻していき、最後にボールタップについている止水栓を調整してタンク内の水位を決めたら完了となります。

シートパッキンは、数百円程度で販売されていて、ホームセンターなどで購入することができます。しかし、メーカーによってサイズが違う可能性があるので、メーカーのコールセンターに問い合わせたり、公式サイトから取り寄せるようにするのがおすすめです。

フロートバルブの劣化・損傷

トイレタンク内からの水漏れのほとんどは、フロートバルブの劣化や損傷が原因と考えられています。トイレタンクの水を便器へと流す排水口に栓をするフロートバルブにトラブルが生じると、タンク内の水が少しずつ便器へと流れ出てしまいます。その結果、タンク内の水を一定量保つことができなくなり、手洗い管が水漏れすることにつながるのです。

フロートバルブの交換のタイミングは、手で触ってみて黒い汚れがつくようになった時。この場合は、水漏れを起こしていなくても早めに交換することをおすすめします。

トイレタンク内のフロートバルブの交換方法はトイレタンク内にあるチェーンとフロートバルブを外して、新しいものと交換するのが一般的です。あとは、タンク内の水位を調整するだけ。ただし、特殊なフロートバルブが設置されているトイレタンクの場合は、それぞれのマニュアルに従って交換を行なう必要があるので注意しましょう。

タンク内のチェーンのもつれ

タンクの水を便器へ流す時に使うレバーのチェーンがタンク内でもつれることで水漏れしてしまう可能性もあります。この場合は、鎖のもつれを解消すれば、直ることがほとんどなので簡単に直すことが可能です。チェーンのもつれを直しても解消しない場合は、止める役割のあるフロートバルブが劣化し損傷している場合が考えられます。

トイレタンクのフタを開けたら、チェーンの位置を確認し、もつれているだけであれば、ほどくことで解消されます。チェーンを直したら、タンクにフタをして止水栓を開放しましょう。

トイレ詰まり水道業者ランキングはこちら!

修理費用の目安

手洗い管の修理費用の目安は、自分で行うか業者に依頼するかで変わってきます。もちろん、自力で直すことができれば出費を抑えることが可能ですが、一方で、水道業者に依頼すれば修理費はかかるものの確実に直してもらうことが可能です。状況に応じてどちらかを選択しましょう。

自分で直す場合の費用

ホームセンターで販売されている工具や部品を用意して自分で修理すれば、出費を抑えることができます。工具が揃っているなら、部品代のみで直すことが可能。シートパッキンやフロートバルブなら1,000円前後(タンクの構造によって変動)で済みます。工具も必要なのは一般的なものばかりなので、ホームセンター揃えられるものばかりです。

水道修理業者に依頼する場合の費用

自分で修理することに不安を感じる場合は、水道修理業者に依頼しましょう。タンクの脱着がない場合は10,000円前後、脱着が必要な場合は15,000円程度になることがほとんどです。

おすすめ業者3選

イースマイル 昭和水道設備 水道救急センター
水漏れ修理費用:5,000円~ 水漏れ修理費用:5,000円~ 水漏れ修理費用:2,000円~
タレントを起用したCMが印象的なイースマイル。利用者に寄り添ったサービスに定評があります。トイレやお風呂、キッチンなど、住宅のあらゆる水トラブルに対応。公式サイトでは、水トラブルを回避するためのメンテナンス方法を紹介しています。 東京海上火災の賠償保険をすべての作業に適用している昭和水道設備。堅実なサービスを徹底することで安心して利用できるようにしているそう。もしもの時の補償はもちろん、見積もり後の作業や現場では新品の靴下に履き替えるなどきめ細やかな気配りが◎。 利用者からの評判が高い水道救急センター。10年以上の経験を持つベテランスタッフが多数在籍し、トイレ周りはもちろん、さまざまな水トラブルに的確に対処します。口コミでは、「深夜でも素早く対応してくれたので助かった」「キャンペーンなしでも利用したいくらいです」と評判です。

自分で対処する方法

手洗い管からの水漏れ対処法をご紹介します。自力で直したい!という人は参考にしてみてください。

修理作業の下準備

マイナスドライバーで止水栓を時計回りに回し、給水されないようにします。レバーを回し、トイレの水をすべて排水。トイレタンクフタを外します。手洗い管の付いているタンクフタは、蛇腹の給水管で繋がっているので、慎重に外しましょう。

方法1.タンク内のチェーンのもつれ直し

トイレタンクのフタを開けたら、チェーンの位置を確認。もつれているだけが原因であれば、ほどくことで解消されます。チェーンを直したら、タンクにフタをして止水栓を開放しましょう。

方法2.シートパッキン(ピストンバルブ)の交換

モンキーレンチを使用してボールタップを外します。空回りする可能性があるので、タンクと給水管のナットの両方を抑えましょう。タンクに繋がっている給水管が外れたら、ボールタップを取り外すことができます。ボールタップからピストンバルブを取り外し、新しいものと交換。注意点として、シートパッキンの向きを正しい位置に入れてください。径の大きいほうがピストンバルブ側です。交換が終わったら元に戻していきます。最後にボールタップについている止水栓を調整してタンク内の水位を決めたら完了です。

方法3.フロートバルブの交換

一般的なトイレタンク内のフロートバルブの交換方法。トイレタンク内にあるチェーンとフロートバルブを外して、新しいものと交換します。あとは、止水栓でタンク内の水位を調整するだけ。ただし、特殊なフロートバルブが採用されているトイレタンクの場合は、それぞれのマニュアルに従って交換を行なう必要があるので注意しましょう。

修理方法を紹介してきましたが、確実に水漏れを直すなら水道修理業者に依頼するのが一番です。腕に覚えのある人なら自己修理を行なうのも問題ありませんが、少しでも不安ならおすすめしません。失敗すると余計に状況を悪化させてしまうからです。水漏れ被害が拡大してしまうと大きな損害へと繋がります。そのため、確実な修理をしてくれる水道修理業者に依頼するほうが、あらゆる面で安心できる方法だと言えるのです。

まとめ

修理方法を紹介してきましたが、確実に手洗い管の水漏れを直すなら水道修理業者に依頼するのが一番です。腕に覚えのある人なら自分で修理を行っても問題ありませんが、少しでも不安ならおすすめしません。失敗すると余計に状況を悪化させてしまうからです。水漏れ被害が拡大してしまうと大きな損害へと繋がります。そのため、確実な修理をしてくれる水道修理業者に依頼するほうが、あらゆる面で安心なので気軽に相談してみて下さい。

トイレ詰まり水道業者ランキング

第1位水道救急センター

水道救急センター

他社が1円でも安ければ応相談!早い対応、修理回数15万件の確かな実績。

詳しく見る

第2位トイレ110番

トイレ110番

トイレ専門業者ならではの技術力と、30分以内で駆けつけてくれるフットワーク。

詳しく見る

第3位クラシアン

クラシアン

「くらーし安心、クラーシアン♪」のメロディーで、すっかりおなじみの水道業者。

詳しく見る

第4位昭和水道設備

昭和水道設備

徹底した社員教育が行き届いた丁寧な応対と清潔さへのこだわりに定評あり。

詳しく見る

第5位水道救急車

水道救急車

水道にまつわる、ありとあらゆる相談にのってもらえる安心感が特徴です。

詳しく見る

第6位スリーテック総合サービス

スリーテック総合サービス

安くて早くて安心!と、これまで5万件の実績を重ねています。頼もしい水道屋さん。

詳しく見る

第7位住まいる水道

住まいる水道

修理に応じて1~3年の保証と無料点検がついているので、アフターケアも万全。

詳しく見る

第8位イースマイル

イースマイル

スタッフの徹底した「お客様本位」で貫かれたきめ細かなサービスに定評あり。

詳しく見る

トイレの水漏れお悩み別マニュアル
トイレのトラブル対処法
自分で直す!トイレつまり修理方法

サイトマップ

ページトップ