便器の取り外し方法を大公開

トイレを取り外して、つまりを直す方法を紹介しています。

  • トップ
  • トイレのトラブル対処法
  • トイレの水漏れお悩み別マニュアル

ホーム > トイレのトラブルこんなときどうする? > 便器の取り外し方法を大公開

便器の取り外し方法を大公開

トイレのつまりを自力で解決!便器取り外し編

ラバーカップやつまり洗浄剤を使っても、解消しないガンコなつまり。ほかの方法として、便器を取り外してつまりの原因を除去することもできます。リスクを伴いますが、成功すれば修繕費なしでトイレのつまりを直せる可能性も。ここでは、トイレを取り外す際の手順を紹介しています。

画像02

トイレを自力で取り外す手順を伝授

一般的な家庭にある「背負い式ローリングタイプ」の様式大便器の取り外しの手順を説明します。自分でつまりを直す際の参考にしてみてください。

下準備

マイナスドライバーやカランプライヤー、モンキーなどの水まわりの修理に使う工具を用意します。マイナスドライバーはコインでも代用できますが、使いにくいためおすすめしません。できるだけ、しっかりとした道具を用意しましょう。トイレ内での作業となるので、動きやすく汚れてもいい服の着用をおすすめします。

タンクの水を抜きフタを外す

下準備がしっかりとできたら、いよいよ作業を開始します。まず、タンク内の水を抜くために、「サイフォンの原理」という、水が高いところから低いところへ移動する現象を利用します。灯油やガソリンなどを吸うときに使う「石油燃焼機器用注油ポンプ」があると便利です。1~2mほどの短いホースでも代用できます。この場合は、片側を水に入れ反対側から勢いよく吸いこむのがコツ。タイミングよく口からホースを外して低い位置に置くと、自然にタンク内の水が流れ出します。水を完全に取り出したらフタを外し、手洗い管がある場合は、それも慎重に取り外してください。

タンク本体を外す

タンクと接続されている給水管のナットをモンキーで外します。タンク内のボールタップという部品が一緒に回らないように、手で押さえましょう。次にタンクと便器を接続しているナットを外します。モンキーでも外せますが、ラチェットレンチという工具があるとより便利です。ナットを外し終えたら、慎重にタンクを持ち上げて移動します。

便器を外す

先ほど紹介したサイフォンの原理を利用して、便器内の水を抜きます。異物が水の中に残っているとホース内がつまることもありますが、根気よく抜きましょう。水が残っていると、トイレ内が汚水で水浸しになってしまいます。水を完全に抜いたら、便器のサイドにあるナットやネジを外しましょう。すべて外し終えたら、手前から正面に向かって便器を立てるようにして、ゆっくりと持ち上げます。便器と床の間に接着剤が付いているので、力任せに外すようなことはせず、様子を見ながら慎重に外しましょう。

つまりを除去

便器を外しを終えたら、つまりの原因となっている異物を取り出します。まずは、つまっているものが排水管の手前にあるか奥にあるか状況を確認しましょう。小さな鏡があれば、奥の方にあるつまりを見るのに役に立ちます。奥にある異物に関しては、針金ハンガーが有効です。ハンガーを1本の針金のように解体して先を輪のように加工すると、汚れを効率的にかきだせます。

便器を取り付ける

つまりを取り除くことができたら、便器とタンクを元のように取り付けます。手順は取り外したときと逆の順番。ナットやネジを閉めるときは、1本を締めきらずに、前後左右対角と少しずつ締めましょう。あまりきつく締めすぎると破損の原因にもなるので、適度な力で締めるのがコツです。取り付けた後に、便器を少しゆすってみて動かなければ問題ありません。

トイレを取り外す際に注意すること

不注意で壊してしまわないように注意

タンクや便器は陶器でできているため、衝撃が加わると破損してしまう可能性があります。取り付け時には、取り扱いに十分気をつけましょう。タンクとの間あるパッキンが劣化している場合があるので、ついでに交換しておきましょう。パッキンはホームセンターで購入することが可能です。

臭気を防ぐために養生処理が必須

便器を外すと、排水管がむき出しの状態になります。汚水が流れる管なので、臭気が上がってくる可能性も。トイレの外にニオイが漏れないように、ドアの隙間に養生テープを貼って処理しておくことをおすすめします。

トイレの交換は水道修理業者に任せたほうが◎

トイレのつまりを直すためにタンクや便器を外すのは有効な手段です。ただし、作業になれていない人が行なうと、ケガをしたり便器を壊したりする可能性もあります。もし自信がないのであれば、素直に水道修理業者に頼むのがおすすめ。プロに任せれば、自分で行なうよりも短時間で作業が終わりますし、キレイに仕上げてくれます。大変な思いをして、結局直らなければ本末転倒です。下手なリスクは負わずに、信頼できる業者に任せましょう。

トイレ詰まり水道業者ランキングはこちら!

トイレ詰まり水道業者ランキング

第1位水道救急センター

水道救急センター

他社が1円でも安ければ応相談!早い対応、修理回数15万件の確かな実績。

詳しく見る

第2位トイレ110番

トイレ110番

トイレ専門業者ならではの技術力と、30分以内で駆けつけてくれるフットワーク。

詳しく見る

第3位クラシアン

クラシアン

「くらーし安心、クラーシアン♪」のメロディーで、すっかりおなじみの水道業者。

詳しく見る

第4位昭和水道設備

昭和水道設備

徹底した社員教育が行き届いた丁寧な応対と清潔さへのこだわりに定評あり。

詳しく見る

第5位水道救急車

水道救急車

水道にまつわる、ありとあらゆる相談にのってもらえる安心感が特徴です。

詳しく見る

第6位スリーテック総合サービス

スリーテック総合サービス

安くて早くて安心!と、これまで5万件の実績を重ねています。頼もしい水道屋さん。

詳しく見る

第7位住まいる水道

住まいる水道

修理に応じて1~3年の保証と無料点検がついているので、アフターケアも万全。

詳しく見る

第8位イースマイル

イースマイル

スタッフの徹底した「お客様本位」で貫かれたきめ細かなサービスに定評あり。

詳しく見る

トイレの水漏れお悩み別マニュアル
トイレのトラブル対処法
自分で直す!トイレつまり修理方法

サイトマップ

ページトップ