トイレの水が流れない原因とは

トイレの水が流れない原因と予防策をご紹介しています。

  • トップ
  • トイレのトラブル対処法
  • トイレの水漏れお悩み別マニュアル

ホーム > トイレのトラブルこんなときどうする? > トイレの水が流れない原因とは

トイレの水が流れない原因とは

トイレの水が流れなくなったらどうすればいい?

トイレの水が流れなくなると、排泄物を流すことができなくなってしまいます。レバーを回しても水が出ないときに落ち着いて対処できるよう、予備知識をつけておきましょう。水が流れなくなっても慌てずに原因を特定し、対処することが大切。ここでは、原因と対処法を紹介しています。

画像02

トイレの水が流れなくなってしまう原因とは

水道の止水栓や元栓が閉まっている

まず確認してほしいのが、水道の止水栓や元栓が閉められていないかです。自分が閉めていなくても、なんらかの理由で閉じられている場合があります。同居人が閉じてしまっていたり、子どもがイタズラで閉めていたりすることがあるようです。また、水道管の工事などで一定時間水道が止まったり、元栓が閉じられていると水の流れが悪くなります。

トイレタンク内の部品の劣化

トイレの水を溜める貯水タンク内の部品が経年劣化していると水の流れが悪くなってしまうことがあります。特に水を流すレバーと水量を調節するゴムフロートの間にあるチェーンが劣化することで排水弁を開閉しきれなくなってしまうのです。また、チェーンがたるんでいたり切れていたりする場合もゴムフロートが機能しなくなり水の流れに影響します。

トイレタンク内の浮き球が引っかかっている

タンク内にある浮き球が途中で引っかかってしまうと、水が適正量たまらなくなり、水の流れが悪くなってしまう原因になります。浮き球がチェーンに引っかかることが多くあるようです。浮き球は水量が減ると下がり、水量の増加と共に上がっていき一定量に達すると水を止めてくれます。タンク内を見て、引っかかっているようなら外してあげましょう。

トイレタンク内のボールタップが動かない

浮き球と一緒になっているボールタップが動かなくなってしまい、水量の調整ができなくなる場合もあります。汚れや水垢が原因で動かなくなっているのであれば、可動部分を掃除すれば直ることも。それでも直らない場合は、ボールタップを交換しなければなりません。新しいボールタップを購入して、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーなどを使って交換しましょう。むずかしい作業ではないのですが、失敗すると状況を悪化させる可能性があるため、おすすめはしません。

水が流れなくなる前にやっておきたい予防法と対処法

トイレタンク内の定期的な点検と清掃

トイレタンク内の清掃を定期的に行なえば、水の流れが悪くなるのを予防できます。3カ月に1度程度を目安に行ないましょう。タンク内の部品は、ずっと水に浸かっているため水垢がこびり付いて汚れています。これをこまめに取り除くことによって予防にもなりますし、劣化が進んでトラブルになる前に発見できるというメリットもあるのです。

応急処置としてタンク内に水を入れる

いくら予防していても、なんらかの理由で水の流れが悪くなってしまうこともあります。緊急時には、応急処置としてバケツでタンク内に水を供給するという方法を試してください。とりあえず、水を流すことができるので、その場を切り抜けることができます。そのあとに、原因を特定して直しましょう。

業者に頼む前にもう一度チェック!

トイレの水が流れなくなった際の最短の解決法は、水道修理の専門業者に頼むことです。しかし業者は確実にトラブルを解決してくれますが、どうしてもお金がかかってしまいます。自分で直すことができれば、修理費を節約することができるかもしれません。修理を依頼する前に、自分でも直せないかどうかチェックしてみましょう。

タンクに水がある場合

便器のタンク内に水があるかを確認しましょう。水がしっかりと溜まっている場合は、以下を確認してください。

■水を流すレバーと繋がっているチェーンが外れていないか

チェーンが外れているとタンク内の水を流すためのゴムフロートが浮かないため、水が流れなくなってしまいます。外れている場合は、レバーと繋いであげましょう。またチェーンが切れている場合は、ゴムフロートごと交換する必要があります。汎用性のあるゴムフロートならホームセンターで購入可能。特殊な形状の場合、メーカー発注になることもあります。修理自体は、部品を交換するだけなので比較的簡単です。

タンクに水がない場合

もしも便器のタンク内に水が入っていない場合は、止水栓やボールタップ、浮き球をチェックしてみましょう。

■止水栓が開いているか確認する

タンク内に水がない場合は、まず止水栓を確認しましょう。修理をする際は必ず止水栓を閉めますが、修理後に再び開けるのを忘れてしまうことも。止水栓を開放すれば、タンクに水が供給されて、水が流れるようになります。

■浮き球が引っかかっていないか

タンク内の水がなくなると、下降して水を入れてくれる浮き球。どこかに引っかかっていると給水が上手くいきません。浮き球を正常な位置に戻すことで改善できます。

■ボールタップが動いているか

浮き球と連動して動くボールタップが動いていないと、タンク内に水が供給されません。動きが悪くなる原因としてゴミや水垢が溜まっていることが考えられるので、ブラシやサンドペーパーを使って掃除しましょう。

どうしても直らない場合は水道修理業者に依頼

トイレの水が流れなくなったら自分で修理するか、水道修理業者を頼むかになります。自己解決できれば一番良いのですが、無理にやろうとすると、壊してしまう可能性も。修理に自信がないのであれば、最初から水道修理業者に依頼することをおすすめします。メンテナンスのみで直れば7,000~12,000円程度、部品交換を要する場合は、1,000~10,000円程度が加算。とはいえ、自分で工具や部品を揃え、作業する労力を考えると効率が良いと言えるでしょう。

トイレ詰まり水道業者ランキングはこちら!

トイレ詰まり水道業者ランキング

第1位水道救急センター

水道救急センター

他社が1円でも安ければ応相談!早い対応、修理回数15万件の確かな実績。

詳しく見る

第2位トイレ110番

トイレ110番

トイレ専門業者ならではの技術力と、30分以内で駆けつけてくれるフットワーク。

詳しく見る

第3位クラシアン

クラシアン

「くらーし安心、クラーシアン♪」のメロディーで、すっかりおなじみの水道業者。

詳しく見る

第4位昭和水道設備

昭和水道設備

徹底した社員教育が行き届いた丁寧な応対と清潔さへのこだわりに定評あり。

詳しく見る

第5位水道救急車

水道救急車

水道にまつわる、ありとあらゆる相談にのってもらえる安心感が特徴です。

詳しく見る

第6位スリーテック総合サービス

スリーテック総合サービス

安くて早くて安心!と、これまで5万件の実績を重ねています。頼もしい水道屋さん。

詳しく見る

第7位住まいる水道

住まいる水道

修理に応じて1~3年の保証と無料点検がついているので、アフターケアも万全。

詳しく見る

第8位イースマイル

イースマイル

スタッフの徹底した「お客様本位」で貫かれたきめ細かなサービスに定評あり。

詳しく見る

トイレの水漏れお悩み別マニュアル
トイレのトラブル対処法
自分で直す!トイレつまり修理方法

サイトマップ

ページトップ