自分で直す!トイレがつまってしまったときの対処法

緊急事態に自分でできる対処法をご紹介。業者に依頼しなければいけないケースも。

  • トップ
  • トイレのトラブル対処法
  • トイレの水漏れお悩み別マニュアル

ホーム > 自分で直す!トイレ詰まりの対処法

自分で直す!トイレがつまってしまったときの対処法

まさか…トイレのつまり!?

水量いつもより高い位置…
便器の水が少しずつしか減っていかない…
など、このようなトイレの異常は、つまりが原因になっている可能性があります。
トイレがつまったら、どうしよう…と焦ってしまいますが、まずは落ち着いて、つまりを直すための準備をしましょう。

画像01

トイレ詰まり水道業者ランキングはこちら!

トイレつまりの症状や前兆

トイレの詰まりは、突然、起きていると思いがちですが、よくよく思い出してみると前兆があるものです。ポイントは、「水位」「水流」「音」の3つ。これらのことに注意しておけば、急にトイレが詰まって困るというケースを防ぐことが出来るかも知れないので、日ごろからチェックしておきましょう。

トイレつまりの前兆1:水位

1番目の「水位」は、便器内に溜まっている水の水位のことです。用を足した後に、水を流そうとすると、どんどん水位が上昇して驚いたことがある人も多いのではないでしょうか。このような場合には、一旦、様子をみることをおすすめします。もし、少しずつ水位が下がっているようだったら、わずかに隙間がある証拠。水位がある程度まで下がるまで待ちましょう。全く水位が変化しない場合は、完全に詰まってしまっているので、ラバーカップやワイヤーブラシなどを使って詰まりを取り除きましょう。トイレ内の水位が上がっているのに、無理やり流そうとすると、どんどん水位が上がって最後には便器から水が溢れてしまうこともあります。

トイレつまりの前兆2:水流

2番目は、「水流」。これは、トイレのレバーを引いても、いつもより水の流れが弱い時。この場合は、水は流れているので完全にふさがってはいませんが、トイレが詰まりかけている可能性が高いので、気を付けなければなりません。水位が上がった時と同じように洗浄剤やラバーカップ、真空パイプクリーナーなどで詰まりを取り除く必要があります。一度、便器内の水を吸い出してから、手を突っ込んでみるのも方法のひとつ。

トイレつまりの前兆3:音

3番目の「音」。これは、トイレの水を流した時の音です。例えば、排水管の先端部分が詰まっている場合には、聞きなれない「ゴボゴボ」といった音がするケースが多くあります。このような音がしている時に、そのままトイレの水を流し続けると、下水道の汚水が逆流して、浴室やキッチンの排水口から飛び出してきてしまうという場合も。こうなってしまうと、業者を呼んで作業をしてもらわないといけなくなるので注意が必要です。ゴポゴポという音に気付いたら、便器を取り外して排水管を掃除するのがおすすめ。排水管専用の掃除器具「トーラー」があれば、より作業はスムーズに進みますが、自信のない方は業者にお願いするのが良いかも知れません。また、アパートやマンションなどの場合は、自分以外の人が原因の可能性もあるので、大家さんや管理人さんに相談してみるのも良いでしょう。

こうやって起きる!トイレのつまりの原因

トイレのつまりの原因は、大きく分けて「水流の不足」と「異物がつまる」という2つの要因があります。

水流の不足

1つ目の「水流の不足」というのは、節水などの理由でタンク内にペットボトルなどを入れている時、水洗のボタンを押しても十分な水が流れず、汚水や汚物が徐々に蓄積していって排水管が詰まることです。

トイレの便器は、水を流す時にきちんとらせん状に便器を洗いながら流れるように製造メーカーが何度も実験を繰り返し設計しています。タンク内の水が少ないと、本来必要な量の水を流すことができません。結果、業者に頼んで修理をしてもらうことになり、節水した意味がなかったということになりかねないので注意しましょう。

異物がつまる

2つ目の「異物がつまる」というのはその名の通り、本来、便器に流すべきものでないものを流してしまったために便器の排水口に異物が詰まるケースです。ズボンの後ろポケットに入れたままのスマートフォンを知らないうちに便器内に落としてしまい、そのまま流してしまうというケースが多く見受けられます。ボールペンやボトルのキャップの他、子供がいる家庭ではおもちゃ、ぬいぐるみが詰まるといった事案も少なくありません。

また、吐き気を催した時にトイレに駆け込んだりする人や、食べ終わったカップラーメンの残りの汁をトイレに流すという人もいるのではないでしょうか?実は、これらの行為もトイレが詰まる原因の一つになります。特にカップラーメンの汁は脂分が多く含まれているため、排水管の側面に張り付きやすいので、トイレに流さないように注意して下さい。

この他、トイレットペーパーによく似たティッシュペーパーも、見た目は同じですがトイレットペーパーに比べて水に溶けにくいためトイレが詰まる原因になります。最後に通常、使っているトイレットペーパーも詰まる原因となるので要注意です。元々、水に溶けやすいように作られていますが、一度に大量のトイレットペーパーを使うと密度が上がり水で溶けにくくなります。これが原因で業者を呼ばなければならないというケースもあるので、注意しましょう。

作業前にやっておくこと

まずは被害を拡大しないための準備をします。

【ウォシュレットのプラグを抜く】

●水を増やさない…ウォシュレットはセンサーに反応し、水が出る仕組みになっています。これ以上、溢れそうな水を増やさないために電源を切ってしまいましょう。

●感電防止…プラグを抜く場合、ぬれた手で触ってしまうと感電してしまう恐れがあります。プラグを抜く場合は、必ずゴム手袋をしましょう。また、ぬれた床に外したプラグを置かないように注意してください。

【止水栓を閉める】

●水を増やさない…止水栓が開いているうちは、トイレタンクのレバーをひねるだけで水が出る状態になっています。つまっているのに水を出してしまうことで、床への浸水や下階まで被害が拡大してしまうので、止水栓を閉めましょう。

<止水栓の場所はどこにある?>

まず、止水栓がどこにあるのかを確認します。主にトイレタンクへ水を給水する給水管に付いています。トイレの形状で止水栓の設置されている位置が異なりますので、以下の図を参考にしてください。

止水栓の場所

<止水栓が見当たらない…>

トイレの形状によっては、タンク周辺を確認しても止水栓が見つからない場合もあります。そんな時は、家屋全体の元栓を閉じるしかありません。戸建てなら宅地内の地面に、集合住宅なら玄関の隣のパイプスシャフト内にありますので、タンク付近に止水栓が見当たらない場合は、確認しましょう。

【注意】ウォシュレットにも専用の止水栓がありますので、間違えないようにしましょう。

<止水栓の閉じ方>

マイナスドライバーを用意し、時計まわり(右へ)にまわすと止水栓が閉まります。但し、止水栓が固くてまわらない場合、無理をすると配管を折ってしまう可能性があります。そのような場合は、家屋全体の元栓を閉めるようにしましょう。

次は、作業に入る際に使用する道具を準備します。

道具を準備

トイレのつまりは、「簡単なつまり」と「頑固なつまり」に分けられます。
まずは、簡単なつまりを取り除く道具を使って、つまりの原因を取り除くことができるかを確認します。それでも、つまりが解消されない場合は、つまりの原因自体をふやかしてから流すという「頑固なつまり」の道具を使ってみます。それぞれに使う道具が異なりますので、道具を準備する際は、以下の図を参考にしてください。

【簡単なつまり】

手袋/空バケツ/水入りバケツ/新聞紙/雑巾/ラバーカップ/火バサミを準備。

簡単なつまりを直すための道具類
【難易度・低】ラバーカップで直す方法をチェック>>

【頑固なつまり】

重曹(カップ1/4)/食物酢(カップ1/2)/ぬるま湯を準備。

頑固なつまりを直すための道具類
【難易度・高】お湯で直す方法をチェック>>

※なお、自分で取り除くことができるつまりは、基本的にトイレットペーパーなどの水に溶けるものがつまった場合に限ります。水に溶けないものがつまった場合、便器のつまりから、配管のつまり、下水管のつまりといったように、状況が悪化する場合もありますので、注意しましょう。
水に溶けないものがつまったら、迷わず水道業者に相談することをオススメします。

その他のトイレつまりの解消法を伝授

薬剤を使用したつまり解消法

手軽につまりを解消できる薬剤。ラバーカップを使っても解決できないほどのつまりを取り除いてくれます。ただし、つまりの原因によって使用する薬剤が違ってくるのです。また、他の薬剤とまぜると有害ガスが発生させてしまうこともあるので注意してください。ここでは、安全に薬剤で詰まりを解消する方法を紹介しています。しつこいつまりで困っている人、必見です。

薬剤を使ったつまり解決法>>

ペットボトルを使用したつまり解消法

手軽に入手可能なペットボトルを加工して、つまりを解消することができます。加工に必要なのはペットボトルとカッターのみ!たったそれだけで、つまりを解消してくれる道具が作れるのです。しかも、むずかしい作業は一切ナシ。突然のトイレづまり解消の強力な味方となってくれること間違いありません。特に、ホームセンターやスーパーなどが閉まっている時間帯につまりが起きてしまうと、つまりを解消する道具や薬剤が買えません。そんなときに役に立つのが、ペットボトルつまり解消法なのです。

ペットボトルを使ったつまり解決法>>

ハンガーを使用したつまり解消法

針金タイプのハンガーを使用することでトイレの詰まりを解消できます。針金ハンガーは、ほどよい強度があり針金がラバーコーティングされているため、便器を傷つける心配がないのです。クリーニング店を利用すれば付いてくるので、どのご家庭でも何本かあるのではないでしょうか。クリーニングした洋服を着用したあとも洋服かけとして使える針金ハンガーですが、本来の用途以外でも大活躍。ここでは、針金ハンガーを加工してつまりを解消する手順を載せています。

ハンガーを使ったつまり解決法>>

ワイヤーブラシを使用したつまり解消法

ワイヤーブラシがあると、トイレのつまりを自分で直すのに便利です。ワイヤーブラシとは、業者が配管を掃除する際に使用する専門器具なので、ラバーカップやお湯を使っても直らない場合に試していただきたい方法の一つです。

  1. 【ステップ1】ワイヤーブラシを用意する
    ホームセンターなどに売っている、1メートル~3メートル程度のサイズで問題ありません。あまり長すぎると使用するのが難しいので短めのサイズにしましょう。
  2. 【ステップ2】汚水が散らないように便器をビニール袋で覆う
    作業を始める前に汚水が飛び散るのを防ぐため、透明なビニール袋で便器全体を覆います。一部分に穴を開けてそこからワイヤーブラシを通しましょう。
  3. 【ステップ3】ワイヤーブラシを排水管へ押し込む
    ワイヤーブラシの先端を排水管へ挿入していきます。螺旋を描くイメージで突っ込んでいくのがポイントです。
  4. 【ステップ4】ワイヤーブラシを出し入れしながら詰まりを解消する
    ある程度まで押し込んだら、ブラシを前後させて異物を取り除きます。
ワイヤーブラシを使ったつまり解決法>>

ビニール袋を使用したつまり解消法

自宅に何も道具がない場合でも、どこの家庭にもあるビニール袋を使ってトイレのつまりを解消することが出来ます。トイレットペーパーなど水に溶けやすい紙類のつまりなど少しの吸引力で取り除くことが出来る詰まりを直すのに便利です。

  1. 【ステップ1】ビニール袋を用意する
    ビニール袋を4,5枚用意します。一般的なスーパーやコンビニなどでもらえるビニール袋でかまいません。
  2. 【ステップ2】拳を握った自分の手にビニール袋を装着し排水口へ入れる
    ビニール袋を2、3枚重ねてグーの形にした自分の手を入れます。そのまま排水口へ入れラバーカップ(スッポン)を使う要領で出し入れを繰り返し、詰まりがなくなったりゴポッという音がすると修理完了。作業を行う時は、排水口と拳の間に隙間を作らないようにするのがポイントです。作業が終わったら、排水口へ入れたビニール袋を余っているビニール袋に入れて捨てましょう。
ビニール袋を使ったつまり解決法>>

真空パイプクリーナーを使用したつまり解消法

真空パイプクリーナーとは、ラバーカップ(スッポン)の持つところにポンプ式のハンドルが付いているものです。ラバーカップよりも吸引力が高いため、トイレットペーパーなどの紙類だけでなく、うっかり落としてしまったスマートフォンやボールペンなどの固形物を取り除ける場合もあります。

  1. 【ステップ1】真空パイプクリーナーを用意する
    ホームセンターなどに売ってあるものでかまいません。値段は1500円前後とお手頃価格で買えます。また詰まっていた固形物が出てきた時に取り出すためのビニール手袋も用意しておきましょう。
  2. 【ステップ2】真空パイプクリーナーを排水口へセットする
    ハンドルを押し込んだ状態の真空パイプクリーナーを排水口へ押し当てて、隙間ができないよう密着させたらハンドルを手前に引き上げます。するとポンプの力で水が引き上げられ、つまりを解消することが可能です。1度やってうまくいかない場合でも、何回か繰り返してやってみましょう。
真空パイプクリーナーを使ったつまり解決法>>

便器を外すトイレのつまり解消法

ラバーカップや真空パイプクリーナーなどを使ってもトイレのつまりが解消できない場合、専門業者を呼んで修理してもらうか、便器を取り外して清掃するしかありません。どうしても自分で直したいという方は、便器を取り外してみましょう。

  1. 【ステップ1】取り外すまでの準備
    便器を取り外すためには事前にやらなければならいことがあります。最初に、タンク給水管にある止水栓を閉じて水が流れてくるのを止めなければなりません。次に給水管接続部を外してから、タンク内に溜まっている水をポンプなどで取り除きます。その後、タンク上部の手洗い蛇口のホースを外したら準備完了です。
  2. 【ステップ2】便器を取り外す
    便器内の汚水を全て抜き取り、水がなくなったら便器を固定してあるナットを外しましょう。便器を取り外したら下水管がむき出しになるので、板などで蓋をしておくのがポイントです。ホースの水などで取り外した便器の中のつまりを取ったら終了。同じ手順で元通りにしましょう。
便器をはずしてのトイレつまり解決法>>

トイレ詰まり水道業者ランキングはこちら!

トイレ詰まり水道業者ランキング

第1位水道救急センター

水道救急センター

他社が1円でも安ければ応相談!早い対応、修理回数15万件の確かな実績。

詳しく見る

第2位トイレ110番

トイレ110番

トイレ専門業者ならではの技術力と、30分以内で駆けつけてくれるフットワーク。

詳しく見る

第3位クラシアン

クラシアン

「くらーし安心、クラーシアン♪」のメロディーで、すっかりおなじみの水道業者。

詳しく見る

第4位昭和水道設備

昭和水道設備

徹底した社員教育が行き届いた丁寧な応対と清潔さへのこだわりに定評あり。

詳しく見る

第5位水道救急車

水道救急車

水道にまつわる、ありとあらゆる相談にのってもらえる安心感が特徴です。

詳しく見る

第6位スリーテック総合サービス

スリーテック総合サービス

安くて早くて安心!と、これまで5万件の実績を重ねています。頼もしい水道屋さん。

詳しく見る

第7位住まいる水道

住まいる水道

修理に応じて1~3年の保証と無料点検がついているので、アフターケアも万全。

詳しく見る

第8位イースマイル

イースマイル

スタッフの徹底した「お客様本位」で貫かれたきめ細かなサービスに定評あり。

詳しく見る

トイレの水漏れお悩み別マニュアル
トイレのトラブル対処法
自分で直す!トイレつまり修理方法

サイトマップ

ページトップ